気軽に立ち寄れる憩いの場

ぎゃらりいサムホールは、1983年東京、銀座に開廊し、今年でなんと35年の画廊です。
名前のサムホール(thumbhole)は、パレットの親指を通す穴のことを指しています。